ボランティアニュース

条件に当てはまる情報が135件ありました(新着順)。

尾上公園をボランティアできれいに

尾上公園を愛する会は、尾上公園 (松本4丁目9)でまち美化パートナー結成以来、継続して公園の清掃、除草を行っています。

南側では、花壇に花苗も植えて管理をしています。

 

公園は常にきれいで地域住民の憩いの場となっています。...

>>続きを読む

重藤公園で花壇づくりボランティア

 重藤公園老人クラブの方々は、重藤公園(大宮3丁目19)で花壇に花苗を植えてたり、花壇の管理、水やり等のボランティア活動を行っています。

 

 公園はきれいに保たれており、子ども達の遊び場となっています。

 

 ...

>>続きを読む

CAKEHOUSE BONOBONO本店 クッキー、ケーキで募金活動

CAKEHOUSE BONOBONO本店 では東日本大震災で被災された多くの方々に少しでも支援するため、日本洋菓子協会連合会が提唱した『希望のハト(※)』クッキーで募金活動を続けてきました。今までに120,992円の皆様の貴重な財源を寄附させていただきました。

日本洋菓子境界連合会の『希望のハト』クッキーでの募金活動は修了しましたが、ボノボノでは、クッキー、ケーキの切れ端...

>>続きを読む

科学技術高等学校ボランティア部 高齢者施設で『かぎそば』振る舞い

 2月21日(土)、科学技術高等学校ボランティア部が、福井市の花園デイサービスセンターを訪れ、そば打ちを行いました。できたてのそばが利用者の方々に振る舞われ、「上手」「おいしい」との言葉が飛び交いました。

 ボランティア部は、「そばの打てるボランティア部」を目指し、NPO法人越前そば連合や福井県麺類業生活衛生同業組合の手ほどきを受け、日々練習しています。そばを打った生徒た...

>>続きを読む

灯明寺中・川西中学校 ルワンダへ文具贈呈

 灯明寺中学校と川西中学校の生徒が、ルワンダの子どもたちのために、校内で文房具の寄附を募りました。集まった文房具は、昨年12月に現地の障害者福祉施設に届けられました。 2013年の「中学生サミット」で、ルワンダ紛争の被害者の方に義足などを贈る活動をしている義肢装具士ルダシングワ真美さんの講演会がありました。その講演を聞いた生徒が「自分たちも何かできないか」と、ルワンダへ文具を贈ることを発案し、実行...

>>続きを読む

東藤島小 見守り隊などを招いて「ありがとう集会」

 1月26日(月)、東藤島小で「ありがとう集会」が開催されました。この集会は、児童の登下校を見守る「見守り隊」の方や、クラブ活動や読み聞かせを支援するボランティアの方々に、感謝の気持ちを伝えるために開かれました。 児童と参加者は、ゲームや歌などをしながら交流を楽しみました。 児童が「見守ってくれてありがとうございます」などとお礼を言うと、見守り隊代表の方は、「皆さんが明るく通学する姿を見て、元気を...

>>続きを読む

社中学校  「環境美化教育優良校等表彰」での最優秀校

 12月15日、食品容器環境美化協会による「環境美化教育優良校等表彰」の受賞校が発表され、福井市社中学校が県内で初めて、最優秀校である協会会長賞を受賞しました。 この表彰は、環境美化教育に熱心かつ独創的に取り組み、公共の場所の清掃美化活動や飲料空き容器等のリサイクルなどで地域の環境美化に大きな成果をあげている小・中学校を選出しているものです。 社中では「1部活動1ボランティア」に取り組み、部活動ご...

>>続きを読む

仁愛女子高等学校  病院でコンサート

 12月17日、仁愛女子高コーラス部の生徒が、福井赤十字病院でコンサートを開きました。 歌を通して患者の方たちに元気になってもらおうと、2001年から毎年開いているものです。 生徒たちは、クリスマスメドレーなど約20曲の癒しのハーモニーを届け、病院のエントランスホールは聖なる雰囲気に包まれました。 めったにない機会で、患者の方たちは笑顔で楽しそうにしていました。

&nbs...

>>続きを読む

中日ボランティア賞を受賞 ~豊小学校での環境教育活動~

 北陸三県において行われた社会の模範となる活動について顕彰する、中日ボランティア賞の受賞者が発表されました。今年度、本市では一団体、二個人が受賞されました。

 本市からの受賞者の一人である野村昭一さんは、福井市豊小学校の放課後クラブで環境教育の講師として活躍しています。

 校区内を流れる川の現状を子どもたちに知ってもらおうと活動を始めたのがきっか...

>>続きを読む

福井工業大学 スタンプ体験教室

 12月16日と18日の2日間、福井工大生約20名が、患者のみなさんにデザイン体験を楽しんでもらおうと、福井県済生会病院で教室を開きました。 同病院と同大工学部デザイン学科の学生が企画したもので、参加者は、学生たちと交流しながら発砲スチロールを使ったヒツジのスタンプ作りを楽しんでいました。 勝山市の小学生の女の子は、「スタンプを押していくのが楽しかった。家でもやってみたい」と話していました。...

>>続きを読む