身近な自然エネルギーで災害を乗り越え日常にも簡単に使う方法(第5回ソーラー発電)

2020年11月13日 印刷
開催日時

2020年12月5日(土)13:30~15:30

開催場所

福井市研修センター 研修室101(福井市文京6丁目8‐18)

主催 ふくい市民共同発電所を作る会
募集人数

中学生以上の一般市民(小学生は保護者同伴)‌
定員:工作10名、聴講10名(先着順)‌
〆切:11月20日(金)

内容

 第5回目の講座は、「ソーラー発電」がテーマです。‌

太陽光発電は身近な自然エネルギーで、災害時にパソコンや携帯の充電に利用でき、日常でも活用できます。‌
持ち物:ニッパー、⊕⊖ドライバー‌
 ‌
●Aセット‌
パソコン用ソーラーシステム‌
満充電で30Wパソコンが4時間(工作参加費12,000円)‌
●Bセット‌
テレビ用ソーラーシステム‌
満充電で100wテレビが4時間(工作参加費13,000円)‌

 今回、30Wパネルの材料セットAと、無料で提供してもらった20年前の中古パネル132W(十分発電できることを確認済み)を使った材料セットBを用意しました。Bセットは100wの家電が4時間程度利用可能です。ただし、モーターで動く家電はどちらも40W程度のものまでです。‌
 聴講だけでも可能ですし、独立型ソーラーや太陽光発電、FITなどの質問にもお答えする教室です。‌
 ご参加をお待ちしています。‌

※この事業は、ふくい市民活動基金を原資とした助成事業です。

申し込み方法

メール(E-mail:f-sun@ecoplanf.com)にて、‌
氏名・住所・連絡先・希望の参加内容をお申込みください。‌
1 Aセット(12,000円)‌
2 Bセット(13,000円)‌
3 聴講のみ

募集締切

定員になり次第募集を締切ります

お問い合わせ先

ふくい市民共同発電所を作る会‌
〒910-0004 福井市宝永4丁目13‐4 エコプランふくい内‌
TEL 0776-30-0092 FAX 0776-21-1261

 第5回講座【ソーラー発電】
戻る