ボランティアニュース

条件に当てはまる情報が142件ありました(新着順)。

足羽山 木とアソブSession2020

 福井市中心部から歩いて30分もすると、古くから人々に親しまれている足羽山の麓にたどり着きます。かつては豊臣秀吉が柴田城攻めの際に陣を張ったと伝えられ、現在では散策する人々や、ミニ動物園を訪れる親子連れで賑わっています。
 一般社団法人足羽山こどもとあそぶLabでは、中心市街地からもほど近く、歴史や文化、自然等の魅力の詰まった足羽山を活かして、子どもも地域も一緒に育つまちづくりを行お...

>>続きを読む

福井市のNPOが県民社会貢献活動功労者表彰を受賞

福井市のNPOが福井県県民社会貢献活動功労者知事表彰・知事奨励賞を受賞しました。2月7日「ふるさとの日」に、福井県庁で杉本知事より表彰状が授与されました。
★功労者知事表彰受賞
 特定非営利活動法人福井芸術文化フォーラム
★知事奨励賞受賞
 特定非営利活動法人命のバトン




>>続きを読む

ネッツトヨタ福井開催                        障がい者アート「きらりアート展」受賞作品の展覧会

 ネッツトヨタ福井株式会社では、社会貢献活動として、障がい者の方、特別な支援を要する人や児童生徒たちのアート作品展「きらりアート展」の受賞作品の展覧会を開催しています。

 この「きらりアート展」は、若狭町が障がい者の文化活動とのふれあいを目的に開催した、福祉と文化の祭典「ハート&アートフェスタ」のイベントのひとつで、今回で10年目になります。一般の部と児童の部で、絵画...

>>続きを読む

「はぴりゅうフェスタ」での販売ボランティア

 12月14日、15日の2日間「はぴりゅうフェスタ2019」がサンドームで開催されました。
 イベント会場では、ステージでの団体発表をはじめ、スポーツ体験、飲食・記念品販売などのコーナーがあり、多くの小さな子とその家族が各コーナーを楽しんでいました。
 福祉施設が展開する販売ブースでは、女性ボランティア2名が障がいのある方といっしょに飲み物や惣菜を販売していました。

>>続きを読む

福井国際フェスティバル

 10月27日(日)、Walk With(ともに歩き、ともに暮らす)をテーマに、福井国際フェスティバル2019が開催されました。朝方降った激しい雨は、オープニングまでには止み、会場の福井県国際交流会館は、家族連れなど多くの人で賑わいました。
 世界各国の伝統舞踊や楽器の演奏、世界のお菓子まき、英語落語など趣向を凝らしたプログラムの企画・運営に、世代、国籍の異なる多くのボランティアが協...

>>続きを読む

「グリフィス記念館で体験型科学実験」開催

 NPO法人ふくい科学学園は、科学の面白さを伝え、理解を深めてもらい、科学の考え方を伝承することを目的に、子どもを対象に科学実験教室などの事業を行っています。またその教室では、高齢者のボランティアスタッフが活躍し、生きがいづくりや、世代間交流の場となっています。
 10月19日(土)、20日(日)、昨年・一昨年に続き、福井市のグリフィス記念館で実験教室を開催しました。グリフィスは明治...

>>続きを読む

『つのはらのもりでつくる!&あそぶ!プロジェクト2019』

  福井市南部に位置し、信仰の山、またハイキングコースとして親しまれている文殊山。その麓、角原(つのはら)集落の一角で子どもたちが遊ぶ「森」づくりのイベントが行われました。子どもが豊かな自然を満喫しのびのびと遊べる森の遊び場を、子どもたち自身で作る4回シリーズのイベントです。
 
 第1回目の9月22日は、遊び場となる広場作りを行いました。今後ブランコ、ハンモ...

>>続きを読む

おもちゃサポーターとして活躍中‼

 福井市中央1丁目の北ノ庄通りにある「子どもを育む巣箱 ときなる」で、ボランティア活動されている吉田さんのお話を伺ってきました。
 ときなるは、子どもの遊ぶ木育施設で、福井駅前に昨年の3月にオープンしました。吉田さんは、そこで木のおもちゃの魅力や遊びの楽しさを伝えるボランティアスタッフ「おもちゃサポーター」として活躍されています。
 きっかけは、40年務めていた会社を定...

>>続きを読む

高校生がボランティア活動に挑戦!

 当センターでは、8月2日(金)に県庁で「高校生ボランティア体験活動inセルプフェア」を開催し、市内の高校生7校20名の参加がありました。
 「セルプフェア」とは、障がいがある方が製造したお弁当やパン等の販売をするイベントです。
 今回は、県内7ヶ所の障がい者福祉施設が出店する販売ブースに高校生が立ち、その施設に通所するみなさんと共にお弁当やお菓子等の販売やお客様の呼び...

>>続きを読む

外灯の点検と清掃活動!きれいで安全な公園に!

 福井県電気工事工業組合福井支部に所属する130社から27社の組合員31名が、下馬中央公園の外灯20本、トイレ1か所の点検と清掃をする社会貢献活動をしました。
 10年前から、年に1回各地の公共施設で活動を行っています。今回は雨の中での作業ですが、福井支部西川支部長は「雨の中でも慣れていますから、よほどの悪天候でなければ実施しています」と話されました。この時期での実施は、8月の「電気...

>>続きを読む