ボランティアニュース

条件に当てはまる情報が132件ありました(新着順)。

俳句にチャレンジ!

 文殊公民館で「なかよし学級」の中から、小学校高学年の14人が俳句作りにチャレンジしました。
 講師を務めるのは、チャレンジ塾俳句会の3名です。今年から仲間と楽しむ趣味の会としての活動にとどめず、ボランティア活動への取り組みも始め、これまでは訪れた先での清掃活動などはありましたが、講師としての活動は本日が初めてです。
 
 「俳句は知っていますか...

>>続きを読む

のぞみ小児がん公開セミナー

 福井県にも「小児がん」と闘い、がんばる子どもたちとその家族がいることを知ってほしい!との想いで、のぞみ小児がん公開セミナーが福井市総合ボランティアセンターで開催されました。がんの子どもを守る会 福井支部が主催し、小児がん患者の家族や市民など約40名が参加しました。
 プログラムは2部に分かれ、1部では、まず東京本部のソーシャルワーカー 檜垣 希実さんが子どものがんの特徴や小児がんの...

>>続きを読む

防災一人語り「命のバトン」公演 

 5月26日(日)フェニックスプラザ402号室で、NPO法人 命のバトン 理事長 川﨑さんの実話をもとにした防災一人語り「命のバトン」が開催されました。防災教育の一環として日本各地で朗読を行っている推進グループによる公演で、一部は歌のお姉さんとして活躍中の岩田瞳さんによる日本語版、二部はNHKラジオ「基礎英語3」にも出演されているレミ・ダンカンさんによる英語版が行われました。
 体育...

>>続きを読む

おりがみボランティア ~ブーケ茶論とともに~

 4月13日(土)午後、平成30年度後期ボランティアアカデミー「おりがみコース」受講生の有志が、社会福祉法人あさくら苑でボランティア活動を行いました。おりがみコースを受講後、市内数ヶ所の施設で活動する、おりがみボランティアグループ‘ブーケ茶論’に登録し、早速活動を始めています。
  参加者はボランティアの手を借りて、たんぽぽ、つくし、ちょうちょ、かえる などを折り、台紙に貼り付けます...

>>続きを読む

江戸時代にタイムスリップ ~お籠と共に登城体験~

 「木曜お堀の会」は『 福井城址お堀の灯りライトアップ事業』の灯ろう製作の活動をきっかけに、福井城址を中心としたまちづくり活動を行っています。
 毎年、福井城址近辺の清掃活動やこどもたちへの歴史語り、福井市中央公園を活用したイベント運営など、市民全体で福井の歴史や文化に親しめるよう様々な企画を行います。
 
 お花見日和となった4月6日には、福井...

>>続きを読む

春休み おいしいパンケーキで幸せ気分!

 春休み真っ最中の3月27日、暖かな日差しの中、「子ども発達支援センターフレンズあすわ」で、パンケーキを焼いてふるまうボランティア活動が行われました。ボランティア活動をされたのは、福井市内でパンケーキを専門にしたcafe'「メープルハニー」を経営されている松澤さんとスタッフの女性の2名です。
 松澤さんがフレンズあすわでパンケーキを焼くのは、今回で3回目で、春休みの恒例になってきまし...

>>続きを読む

スポーツボランティア「卓球バレー」

 福井市身体障害福祉連合会主催の「スポーツ交流会」がちもり体育館で開催されました。
交流会では、「スティックリング」「卓球バレー」の2競技が行われました。
 参加者は「視覚」「聴覚」「肢体」などの障がいを持つ方達ですが、一緒に競技をすることで交流を図ろうという企画です。
 残念ながら、視覚障がいの方達はスティックリング競技をプレーすることが難しいため、その...

>>続きを読む

アフリカ料理の会

 連休初日の1月12日、福井県社会福祉センターで「アフリカ料理の会」が開かれました。母親に抱かれた幼子から学生、シニアまで、まさに老若男女約60名が集い、タンザニア、セネガル、日本の料理を堪能し、クイズや映像でアフリカ文化を満喫しました。
 この会は、タンザニアの電気が使えない農村に、太陽光発電所を作ろうと設立された「福井・タンザニア姉妹村協議会」が主催し、講師に福井大学在学中のJI...

>>続きを読む

福井犬・猫を救う会 NPO法人設立10周年記念講演

(特非)福井犬・猫を救う会 NPO法人設立10周年記念講演
~今私たちにできることは何か~

保護された犬猫の里親探しや野良猫の不妊手術などの活動を行なっている(特非)法人福井犬・猫を救う会の設立10周年記念イベントが2018年11月25日、県産業会館で開催されました。この講演会は「ふくい市民活動基金」の助成金を受けて実施されました。
県内在...

>>続きを読む

『国体・障スポ 市民ボランティア大同窓会』を開催しました!

2018年の秋を彩った「福井しあわせ元気」国体・障害者スポーツ大会もとうとう幕を閉じました。期間中は県内外から選手、関係者を迎え、準備や運営には多くのボランティアの活躍が光りました。ボランティアの皆さんの中にはたくさんの笑顔で大会を盛り上げた反面、まだ名残惜しい気持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?総ボラでは、そんなボランティアの皆さんが一同に会し、大会を振り返る機会を創ろうと大同窓会を開...

>>続きを読む