ボランティアニュース

条件に当てはまる情報が195件ありました(新着順)。

福井駅前であしなが奨学生が募金呼びかけ「誰も取り残されない未来へ」

 4月27日(土)、福井駅西口バスターミナル前で、あしなが学生とボランティアの計11名が、様々な事情で遺児となった学生を支援するための「あしなが学生募金」に参加しました。
 あしなが学生募金とは、学生による遺児を支援するための募金活動です。
 学生たちは、あしなが学生募金のチラシを配布し、「遺児たちを支えるあしながさんになっていただけませんか?」と通行人に呼びかけました...

>>続きを読む

県立福井商業高校JRC部が北陸新幹線福井駅舎の点字マップを製作!

 3月28日、福井商業高校のJRC(青少年赤十字)部は、新幹線の福井開業により福井駅舎が大きく変化したことから、駅を利用する視覚障がい者の不安を少しでも解消しようと、自作した点字マップを福井駅西口にある福井市まちなか案内所に、30部寄附しました。
 同校JRC部では障がい者の介助ボランティアに取り組んでおり、これまでも西武福井店や県内のスーパーなどで、フロアのレイアウトや消毒液の位置...

>>続きを読む

令和5年度 県民社会貢献活動功労者知事表彰

 令和5年度県民社会貢献活動功労者知事表彰等の表彰式が、2月24日、福井県国際交流会館で行われました。県内の社会貢献活動のうち、特に優れた活動や先駆的な活動をした個人や団体として、当センター登録団体の「(特非)ふくい路面電車とまちづくりの会(ROBA)」が県民社会貢献活動功労者知事表彰を受賞されました。
 ROBAでは、モビリティ・ウィーク及びカーフリーデーに合わせ、毎年9月に公共交...

>>続きを読む

日本ボーイスカウト福井連盟第22団 能登半島地震への寄附を呼びかける

 1月21日(日)、日本ボーイスカウト福井連盟第22団が、元日に発生した能登半島地震への寄附を呼びかける募金活動をハピテラスで行いました。
 「被災地のためにできることをしたい」という想いから、ボーイスカウトの子どもたちは、募金箱やプラカードなどを手作りし、募金活動に取り組みました。
 寒空の下、懸命に寄附を呼びかける子どもたちの声に、学生や親子連れなど、多くの人が足を...

>>続きを読む

地域活性化をめざすボランティア団体「むくびより」が初のイベントを開催!

 お寺と地域の活性化を目的に活動している生まれたてのボランティアグループ「むくびより」が、企業とコラボし、初のイベントとなる「寺マルコラボ」を開催しました。
 秋晴れに恵まれた證誠寺の境内には、こどもホスピス設立を目指す市民活動団体「ふくいこどもホスピス」のPR活動やチャリティグッズの販売、布やフェルトの手作り小物、アクセサリーなどのワークショップの店舗が並びました。また、声優による...

>>続きを読む

分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」リモート交流会

 アクサ損害保険株式会社(以下「アクサダイレクト」という。)では、地域貢献プログラムの一環として、闘病により長期入院生活を余儀なくされている子どもたちを励まし、「外の世界の体験」という楽しいコミュニケーションの時間を持っていただくため、遠隔操作型分身ロボット「OriHime」を用いた支援活動を2020 年から行っています。分身ロボットには内蔵カメラとマイク・スピーカーが備わっており、子どもたちは病...

>>続きを読む

一乗谷朝倉氏遺跡ボランティアガイドツアー(福井フェニックスSGG)

 福井フェニックスSGG(以下「SGG」という。)は、日本政府観光局の「グッドウィルガイド(善意通訳)」に登録し、外国人旅行者に福井での滞在を楽しんでもらえるよう、英語でガイドをするボランティアグループです。観光客の依頼で県内の観光案内やまちなかの同行案内をするほか、県内在住の外国人向けに和菓子作りなどの日本文化を紹介するイベントを開催しています。
 11月12日(日)には、SGGメ...

>>続きを読む

クリーンアップボランティアから広がる地域貢献

 花王グループカスターマーマーケティング株式会社では、中部地区各事業所にて、秋と春の全国交通安全週間に合わせ、3年前から、通学路等での見守り活動や清掃活動などに取り組んでいます。
 今回、福井オフィスでは、9月21日・25日・28日の3日間にわたり、社員の方が参加し事業所のある福井放送会館周辺の清掃活動を行いました。
 活動では、側溝の蓋を開けて落ち葉や土を取り除いたり...

>>続きを読む

ものづくりクラブ 今年で5年目を迎えました!

 ものづくりクラブは、総合ボラティアセンターが開催した、ものづくりを通しがん患者とその家族のサポートを体験するボランティアアカデミーをきっかけに結成されました。受講生の「ボランティアを継続したい」というたっての願いで、令和元年8月から始まり、今年で5年目を迎えました。
 結成当初は、がんの治療で髪が抜けた患者さんにタオルケア帽子を、乳がんの手術で乳房をなくした方に手編みパッドを贈る活...

>>続きを読む

養浩館庭園ボランティアガイド

養浩館庭園は2023年6月17日で復元、一般公開から30年を迎えました。
現在では国指定の名勝でありながらJR福井駅から徒歩で行ける、まちなか観光のシンボルとなっています。
この養浩館庭園のボランティアガイドとして活動しているのが、「とねりの会」です。郷土歴史博物館の学芸員による講義を数か月受講し、ガイドをしていく上で必要な知識を身につけたメンバーで構成されています。県...

>>続きを読む